FC2ブログ

KOREAN BOOK CAFE ちぇっちゃり

─コリアンブックカフェ─

学習イベント「南北分断の歴史・現在・未来」レポート

 6月29日のお昼過ぎ、「南北分断の歴史・現在・未来」というタイトルで学習イベントを行いました。この日、在日コリアンの方を中心に、10人ほど集まりました。

 2時間半余り、長丁場でしたが、提起者からの話だけではなく、参加してくださった方々から多くの質問や意見もあり、大変盛り上がりました。

 冒頭に参加者の自己紹介と、韓国で行われた統一や朝鮮民主主義人民共和国(DPRK)に対するイメージを調査したアンケート結果について予想してもらう時間を持ちました。アンケート結果を予想してもらう時間は、予想以上に参加者の関心を引き、印象に残るものになったようです。

 この後、本題に入っていきます。朝鮮半島が南北分断国家になった最大のきっかけとなる朝鮮戦争について、どういう被害がもたらされたかについて学び、なぜ戦争が起こってしまったかについて、第2次世界大戦終戦直後から、米ソによる信託統治や南北単独選挙までに至るまでを、この日初めてこういった学習会を担当することになったちぇっちゃりのスタッフから詳しく、丁寧な解説をしました。

南北分断の歴史・現在・未来1

 ここまでで、予定していた時間を半分以上過ぎていたのでキャ━(´ェ`)━!!!、次に、かなり駆け足で70年代から2000年代までをもう一人の担当者から解説。DPRKがアメリカまで届く核弾道ミサイルを開発するまでに軍事力を高めていったかについて、特に90年代以降の話にポイントを絞って話しました。

 最後に、今年2月にハノイで行われ、不調に終わった朝米首脳会談のポイント、朝米間、南北間にある課題点について共有し、この日の学習は終えました。
 
分断に至る経緯について、DPRKの武装化の背景についての質問も出ましたが、この日は特に在日コリアンの参加が多かったため、在日コリアン同士であったり、日本人の参加者から南北統一についてや、朝鮮半島との距離感、アイデンティティについて、学習した内容からつながる形で活発な意見交換が行われたことが最もよかったと思います。\(^o^)/

 参加者のみなさんからも、イベント終了後アンケートを行いましたが、やはり時間が長かったという指摘もありつつも、おおむね分断やDPRKの武装化の背景について深く知れたという感想や活発に意見交換ができたことが良かったという評価もいただくことができました。

南北分断の歴史・現在・未来2


 偶然ではありますが、イベントの翌日、米朝韓の3国の首脳が板門店で劇的再会を果たし、会談が行われました。会談では朝鮮半島の非核化について、実務者間での協議を行っていくことが確認されましたが、この出来事の前に、ちぇっちゃりで情勢の確認ができたことは、偶然ではありますが非常に良い機会になったかと思います。

 最後に、この日初めて学習会の提起者となったスタッフからの感想です。彼は韓国から数年前に渡日したニューカマーです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
このイベントは私にとって、日本に来てからの最大な挑戦だったのを否定はできないと思います。母国語ではなく、外国語で2~30分以上スピーチしないといけなかったところと、主題が歴史だったこと、もちろん、歴史には興味もあり、日本に来た以上はいつか勉強しないと、という思いはいつも持っていたので、このイベントはものすごく私に意味のある時間になったと思います。聞いてくれまして、そして一緒に共感ができて参加者達にはものすごく感謝の気持ちを申し上げたいと思います。植民地時代から、朝鮮戦争及び民主化運動の過程を通って今の大韓民国が存在するのであり、このイベントで勉強になったのことは私達は歴史のことちゃんと学ばなければいけず、今の私と一緒に生きてる在日韓国人、そして朝鮮人達がここに来たきっかけや背景などを学ばなければならないということを改めて思うようになりました、次にはもっと詳しく、そして、しっかり準備して一緒に勉強する時間を作ればと思います。初めて出会った人も多かったけど、いつかまた会いましょう。
이번 이벤트는 저에게 있어서 일본에 온 뒤의 가장 큰 도전이었음을 부정할 수 없을 것 같습니다. 모국어가 아닌 언어로 2~30분을 스피치를 해야 됐다는 점과, 주제가 역사였다는 것, 물론 역사에 관심도 있고 일본에 온 이상 언젠가는 한번 공부를 해야 되겠다는 생각은 언제나 하고 있었기에 이번 이벤트는 정말 의미있는 시간이었다고 생각합니다. 들어주시고 같이 공감해주신 참가자 분들께 정말 감사합니다. 일제식민지 시절부터 한국전쟁과 민주화 운동의 과정을 거쳐 지금 대한민국이 있고 여기서 배운건 우리가 역사를 배워야 하며, 지금 나와 함께하는 재일 한국인 나아가 조선인들이 이곳에 있게 된 배경또한 알고 배워야 한다는 걸 다시금 깨닫게 된 계기가 되었습니다. 다음에는 조금 더 깊이 있게 그리고 좀 더 제대로 준비해서 같이 공부할 수 있는 시간을 만들어 갔으면 좋겠습니다. 처음 뵈었던 분들도 많지만 언젠가 또 다시 뵙기를 소망합니다.
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
スポンサーサイト



 レポート

0 Comments

Leave a comment